先輩社員メッセージ

電気設備設計を通して、あらゆる方向からお客さまの「最適」を追求していく

エンジニアリング本部 電気システム部 理工学部電気電子工学科卒業 西山凌平
Question 1 就職活動を振り返って

子ども時代に過ごした経験が「環境」への興味に

中学時代の「総合」の授業を受けて以来、「環境」という言葉はずっと心にありました。広島県で生まれ育ち、野や山で遊んで子供時代を過ごしていた私。自然や周囲の環境にはとても興味があり、大学もエネルギー環境コースを専攻し、就職活動のテーマは「環境」。Kenesは省エネやエネルギーマネジメントを事業領域に持つ会社です。これを事業にしている企業は業種としても少なかったということもあり、さらに興味がわきました。エネルギーマネジメントの仕事内容に関する知識は説明会やホームページから得ましたが、社会に貢献していける仕事だと思えたのもひかれていった理由です。さらに面接が進んでいく中で、Kenesに勤務していた大学の先輩から「うちはいろいろな知識と経験を持ったベテラン社員も多く活躍しているので、勉強になることが多いぞ」という話を聞くうちに、社内の雰囲気の良さも伝わり、入社を決めました。
Question 2 現在の仕事内容

コミュニケーションを通じて明確なニーズを聞き出す

電気システム部はユーティリティサービス事業における電気設備の設計を担う部署です。私は特高・高圧受変電設備のシステム設計や熱源設備への電源供給設計などを担当。既存の機器を新しくする場合は、どのように変更すれば、コストの軽減につなげることができるか、同時に今までの設備をどれだけ流用できるかなどを検討し、仕様を確認。新たに必要になるものを見極めます。いわばお客さまにとっての「最適」を考えていく仕事です。実は以前、お客さまの要望を明確に把握できておらず、設計があいまいになってしまったことがありました。先輩に助けられて、無事に終えることが出来ましたが、このときはお客さまとしっかりコミュニケーションをとって、明確なニーズを聴き出すことが大切だということを痛感。以来、設計に必要な条件はひとつずつ確認するようになりました。技術者としてのやりがいは、お客さまにとって最適な提案につなげるために、設計を工夫すること。将来は大きな案件の責任者として貢献したいですね。
Question 3 Kenesの魅力は?

機械設計の重要性を知り、設計の基本を学んだ研修

研修が充実しているのは大きな魅力だと思います。入社後はビジネスマナー、プレゼンテーション、各部署の概要について学びます。プレゼンテーションでは5名のグループをつくり、ひとつのテーマについて考え、チーム内でのプレ発表会を経て、社長や経営陣に結果を発表します。このときのテーマは「お客さまのベストパートナーになるにはどうすればよいか」。プレゼン資料のつくり方の経験にもなりましたが、明確な答えが出せなくても、あらゆる方向から考える力を身につけられたのが大きいですね。その後、各部署でOJTを受けますが、印象に残ったのは機械システム部の研修です。空調熱源の選定について学ぶ内容でしたが、過去の案件の設計情報をもとに、基礎となる設計を経験。大学では全く経験していなかった分野でしたので、このときユーティリティサービス事業における機械設計の重要性を知りました。Kenesは関西電力グループにおける総合エネルギー事業部門の中核として、今後も成長していく企業。首都圏での電力販売や発電所の建設などの事業も展開していますし、これからもいろいろな事業に取り組んでいくことが期待できると思います。
Question 4 学生へのメッセージ

新規事業にも若手社員が参画し、活躍できる

入社前は「社会人は厳しい上下関係があるもの」と思っていましたが、Kenesはベテランの社員もとてもフランクで、世代や部署の壁があまりない会社です。若手も新規事業をはじめ、いろいろな事業に参画できます。入社して成長を感じたのは、新しい何かを始めるときに物怖じしなくなったこと。「やってやろうか!」と思えるようになったのは自分でも大きな変化だと思っています。入社した企業によって人生観は大きく変わる。さまざまな選択肢の中でぜひKenes への入社を選択して欲しいですね。