先輩社員メッセージ

設備保全はお客さまに最も近い部署。私たちの技術とサービスを通して、心からの安心と満足を提供したい。

事業運営本部 設備保全部 設備保全グループ 牛島 茜
Question 1 就職活動を振り返って

「省エネ」をキーワードに展開し、事業内容にひかれた会社

大学は環境分野を専攻し、水処理やゴミ処理などプラントを中心とした化学に近い分野を学んでいました。就職活動のキーワードは「省エネ」。Kenesは合同説明会で初めて知った企業です。事業の一部として省エネを掲げている会社はあっても、Kenesほどダイレクトに取り組んでいる会社は少ない。まずはこの事業内容にひかれました。また、将来の産業や社会においてニーズも高くなるはず。「これから伸びていく会社だな」と思えたのも入社の理由です。同時に、空調設備などのシステム全体を省エネの視点で捉えることで、製品をつくるメーカーよりも事業の幅広さを感じました。本社は大阪・中之島のオフィスビル。実は、このロケーションも入社の決め手のひとつ。オフィスフロアから見渡す風景に、思わず「ここで仕事がしたい」と思えた会社です。将来、結婚や出産を経験しても省エネに関わる仕事で、長く活躍したいという思いも入社前から抱いていました。
Question 2 現在の仕事内容

エネルギーのベストパートナーとしてお客さまの悩みにも対応

今は、変電設備、空調設備、ボイラー、給湯設備などエネルギーを供給する設備の保守点検、トラブル発生時の対応などが主な業務です。私は工場や老健施設、太陽光発電所などを担当。お客さまの予定に合わせ、設備点検会社と連絡を取り、点検時には立会も行います。
以前、スポーツクラブを運営するお客さまから、「シャワーの水温が高くなるので、困っている」というお悩みを私の部署に相談されました。早速、部内で解決策を考え、設備の運用において設定を変更。もちろん、他の設備に影響は出ないか、実験も重ねながらです。実は、Kenesのメンテナンス範囲である給湯機等は、しっかりメンテナンスしており、設備異常はありません。けれども、お客様からエネルギーに関することなら、身近に相談できる存在でありたいという思いから、部門一丸となって解決に乗り出した案件でした。このときのお客さまの「良くなったよ。ありがとう」の言葉は本当にうれしかったですね。
日頃心掛けているのはスピーディな対応。設備の不具合発生時は状況を聞き、エラーコードの内容などの情報を集め、不具合箇所の特定や対応措置を決め、工事が必要な場合は、工事会社の手配などを行います。フットワークの軽さはお客さまからの信頼につながりますので、できるだけ早い訪問を心掛けています。私の顔を見たら、安心していただけるような信頼関係をつくっていきたいですね。
Question 3 Kenesの魅力

新卒入社の社員として産休・育休の実績をつくるのは、私たち

Kenesは2012年から新卒採用を始めた会社なので、まだ新卒入社の社員の産休・育休実績はありませんが、毎年新卒の女性社員が入社するようになり、少しずつ雰囲気も変わってきました。女性が増えるのは、やはりうれしいですね。最近、女性社員を対象にキャリアビジョンに関する研修を受けました。私たち女性社員に対する人事部の期待も感じました。将来、私がその実績を担う社員になれたら良いなと思います。社内は、上司がフランクで風通しも良く、先輩にも質問しやすい風土。入社以来、現在の部署に勤務していますが、専門知識はゼロからのスタートだったので、新人の頃、知識不足でとまどっていたときに、「ひとつずつ覚えればいいよ。私もイチからだったよ」と先輩からアドバイスをもらったときは、とても安心しました。この言葉を糧に、現場に足を運び、少しずつ電気や機械の知識を身に付けることができたと思っています。
Question 4 学生へのメッセージ
数ある企業のなかから、ひとつにしぼるのは容易ではないと思いますが、「これだけは譲れない」という基準を持って企業を選択してください。私の場合は「省エネ」でした。自分がどこに行きたいのか見失いそうになるときも、軸となるものがあれば、「この理由で、この業界・会社に行きたい」という自信が持てるはず。この自信はエントリーシートや面接での受け応えにきっと良い影響を与えると思います。Kenesは省エネを事業の柱のひとつとして展開をしている、少しめずらしい会社です。入社して一番うれしかったのは「したいと思っている仕事に就けた」ということ。私のように省エネに興味のある方はぜひエントリーして欲しいですね。